オンラインシンポジウム 「公害資料館がはたす役割と未来」

公害資料館ネットワークが共催になり、以下のシンポジウムを開催します。
ぜひご参加ください。

オンラインシンポジウム
「公害資料館がはたす役割と未来」

■開催概要
・日時:2022年1月8日(土)13:00-16:00
・方法:Zoom(当日のURLはお申込された方にメールでお知らせします。)
・対象:公害資料館ネットワーク会員ほか、関心をお持ちの方
・申込:Googleフォーム(下記、リンク先からお申込みください)
forms.gle/Ksz2GmH561jDL9oe7 【〆切:2022年1月5日(水)】
*フォームへの記入ができない方は、<氏名・メールアドレス>を公害資料館ネットワーク事務局(kougaishiryoukan@gmail.com)にご連絡ください。

・主催:科学研究費補助金基盤研究(C)「公害経験の継承に向けた公害資料館の社会的機能の研究」(代表:清水万由子)
・共催:公害資料館ネットワーク

■開催趣旨
各地で公害資料館が開設され、公害の経験を次世代に継承する取り組みが展開されています。
全国の公害資料館がゆるやかに連携する公害資料館ネットワークの設立から8年目を迎える今、あらためて現代における公害資料館がはたす役割を確認し、多様な主体との連携・協働の可能性を考える機会を持ちたいと考え、本シンポジウムを企画しました。

科学研究費補助金「公害経験の継承に向けた公害資料館の社会的機能の研究」プロジェクト(以下、科研プロジェクト)では、2019年より公害経験の継承と公害資料館のあり方について議論を重ねてきました。研究の中間報告として、『環境と公害』誌(第50巻第3号,2021年1月発行)の特集「公害資料館の現代的意義と課題」にてメンバーが論考を発表しました。

本シンポジウムでは、特集論考の執筆者と公害資料館ネットワーク関係者との対話を通じて、今後の公害資料館のあり方についても考えてみたいと思います。

■プログラム
司会:川尻剛士さん(一橋大学大学院)  質問整理:小橋伸一さん(大阪市立大学大学院)
開会 13:00
<対話>
(1)清水万由子「公害経験継承の課題」×川中大輔さん(龍谷大学/シチズンシップ共育企画)
(2) 林美帆「公害資料館ネットワークにおける協働の力」× 小林正明さん(中間貯蔵・環境安全事業株式会社)
(3)清水善仁「公害資料の収集と解釈における論点」×山本唯人さん(法政大学)
<休憩>
(4)安藤聡彦「教育資源としての公害資料館」×金子淳さん(桜美林大学)
(5)除本理史「「困難な過去」から「地域の価値」へ」×西島香織さん(原子力災害考証館furusato事務局)
<質疑応答>
<総合コメント> 西村仁志さん
閉会 16:00

公開日時 : 2021年11月05日 【

新着情報一覧を見る