Tag Archives: 大気汚染

TOP >  各地の公害資料館 >  北九州市環境ミュージアム

北九州市環境ミュージアム大気汚染

北九州市環境ミュージアム

北九州大気汚染公害と施設の概要

北九州地域は、日本の四大工業地帯の一つとして、重化学工業を中心に発展し、日本の近代化・高度経済成長の牽引役を果たしてきました。しかし、産業の繁栄 は、一方で激しい公害をもたらしました。1960年代、「ばい煙の空」と呼ばれた北九州地域の大気汚染は国内最悪を記録、洞海湾は工場廃水により「死の海」と化しました。
この公害に対し、対策を求めて最初に立ち上がったのは、子どもの健康を心配した母親たちでした。住民運動やマスメディアの報道が公害に対する社会の問題意識を高め、企業や行政の公害対策強化を促したのです。
市民、企業、行政の一体となった取り組みにより、環境は急速に改善され、1980年代には、環境再生を果たした奇跡のまちとして国内外に紹介されるようになりました。平成23年にはOECDからグリーン成長都市に、平成29年にはSDGs推進に向けた世界のモデル都市の1つとしてアジアで初めて選定されるなど、現在も環境と持続可能な社会への取り組みを積極的に行っています。

この資料館だからこそ学べる特徴

・北九州市の公害克服の歴史を体系的に学べる施設はほかにはありません。公害克服から現在に至るまで順を追ってご覧になれます。

・北九州市における環境学習拠点として、年齢を問わずニーズに合わせた環境学習プログラムが体験できます。

・環境をテーマにした様々なイベントが実施されており、日頃難しく考えがちな環境を楽しく・わかりやすく体験できます。

・北九州市環境ミュージアム展示 ―プロローグ―

AppleMark

環境未来都市として、魅力ある街づくりを目指す北九州市の豊かな自然と、これまで北九州市がたどってきた歴史を紹介するゾーン。さらに、地球や環境問題に関する貴重なメッセージを見ることができる

・北九州市環境ミュージアム展示 ―第1ゾーン 北九州市の変遷―

北九州の移り変わりを紹介するゾーン。1901年の官営八幡製鐵所の創業を始まりとして、日本における近代産業発祥の地である北九州の1世紀に渡る歴史を写真とシンボル展示で見る。

・北九州市環境ミュージアム展示 ―第2ゾーン 公害克服の歴史―

第2ゾーン

不可能と思われた北九州市の公害克服の歴史を紹介するゾーン。ものづくりの街としての発展、それゆえに直面することになった公害問題。市民・企業・大学・行政の協動により、公害をどのように克服したのか。協働により豊かな自然環境を取り戻すまでの歩みを市民の目線から見る。また、北九州市の国際協力について分かりやすく展示。

・北九州市環境ミュージアム展示 ―第3ゾーン 地球環境と私たち―

第3ゾーン

地球環境問題を身近な暮らしの中やグローバルな経済活動などの視点から伝えるゾーン。

地球のしくみや地球環境の現状を触ったり動かしたりする展示を通じて楽しみながら学び、自分自身と地球環境問題の関係を体験や体感の中から発見する。

・北九州市環境ミュージアム展示 ―第4ゾーン 環境技術とエコライフ―

第4ゾーン

「リサイクル」を通じて、身近なエコ商品やエコ素材を紹介するゾーン。資源・エネルギー・廃棄物・環境新技術など、物を捨てない「循環型都市」へ向けてのヒントを知ることができる。また、SDGs(持続可能な開発目標)についてわかりやすく解説している。

・北九州市環境ミュージアム展示 ―第5ゾーン SDGs未来都市 北九州市―

「北九州市が行っている環境に関する取組」や「市民・団体・企業・学校の環境活動」「新エネルギー」などについて紹介している。

TOP >  各地の公害資料館 >  尼崎市立歴史博物館地域研究史料室“あまがさきアーカイブズ”

尼崎市立歴史博物館地域研究史料室“あまがさきアーカイブズ”大気汚染

尼崎市立歴史博物館地域研究史料室“あまがさきアーカイブズ”

尼崎大気汚染公害と施設の概要

1昭和29年村井邦夫氏撮影写真

近代以降、尼崎市は阪神工業地帯の一翼を担う工業都市として発展しましたが、第二次世界大戦以前より、地盤沈下・水質汚濁・大気汚染等の公害が起こり始めていました。

戦後から高度経済成長期にかけて尼崎市では再び公害被害が深刻化します。臨海部の発電所や重化学工業系の工場群より出る煤煙、国道43号・阪神高速などの自動車からの排気ガスによる大気汚染は、尼崎市南部の住民に深刻な健康被害を及ぼしました。

それに対し、尼崎市は様々な調査や条例の制定、企業への指導といった対策を講じていきます。一方で、公害被害に悩む住民も立ち上がり、昭和46年(1971)には尼崎公害患者・家族の会と43号線公害対策尼崎連合会を結成しました。もっとも高度経済成長期において改善は難しく、市域の認定患者数は昭和50年代を通して5,000人以上という高い水準を保っていました。

石油危機以降の経済停滞のなか、国は公害健康被害補償制度見直しを進めます。このような動きを受け、阪神地域の認定患者・遺族らは国道43号線道路公害訴訟と尼崎大気汚染公害訴訟という二つの代表的な大規模公害訴訟を起こしました。

近年、自然・環境に関する市民的関心は高まっており、市域臨海部工場跡地・運河などをフィールドとしつつ、兵庫県・尼崎市と市民グループが協働し、新たなまちづくりに取り組んでいます。その一方で、平成17年(2005)に顕在化したアスベスト問題など、深刻な健康被害をもたらす新たな公害問題も起こっています。

この資料館だからこそ学べる特徴

アーカイブズ機関である特性を活かし、多様な所蔵資料を閲覧・公開しています。一例を挙げると、尼崎市の歴史的公文書、民間資料(裁判資料・反対運動)、図書、行政刊行物、写真・映像資料など。このため、自分が関心を持っているテーマについて様々な角度から調査・検証を行うことができます。

TOP >  各地の公害資料館 >  公益財団法人水島地域環境再生財団(みずしま財団)

公益財団法人水島地域環境再生財団(みずしま財団)大気汚染

公益財団法人水島地域環境再生財団(みずしま財団)

倉敷大気汚染公害と施設の概要

みずしま財団1

岡山県倉敷市南部にある水島は、江戸時代の干拓と大正時代の東高梁川の改修により形成された地域で、広大な干潟と漁場に恵まれた農漁村でした。第二次世界大戦中に三菱重工業の航空機製作所が建設されたことが工業化の始まりでした。

1952年、岡山県は水島臨海工業地帯の造成計画を策定し、開発に着手、遠浅の水島灘を大規模に埋め立て建設された水島コンビナートは1961年に本格操業を開始しました。石油化学工場・製鉄所などで構成される工場の周辺地域では、汚染物質を含んだ煙により創業当初から悪臭や農作物の被害、ぜん息等の健康被害が発生しました。1975年に公害健康被害補償法による指定地域となり、3,800人以上が公害病と認定されました。

1983年11月9日、公害病認定患者は公害をなくし青い空を取り戻すため、水島コンビナートの企業8社を提訴、1次~3次訴訟を合わせて292人(提訴時)が倉敷公害裁判の原告となりました。
1994年3月23日の原告勝訴の判決では、工場が排出した大気汚染物質を病気の原因であるとし、原告全員が公害による病気と認められましたが、工場周辺の環境は昭和30~40年代と比較すると改善されているとし、大気汚染物質の差し止めはできませんでした。
その後、1996年12月26日に企業と原告は和解し、「解決金の一部を原告らの環境保健、地域の生活環境の改善などの実現に使用できる」との和解条項を基に、2000年3月にみずしま財団が設立され、環境再生・環境学習の推進を行っています。

この資料館だからこそ学べる特徴

  • 倉敷市環境学習センターを起点に、水島コンビナートの工場見学と公害・環境学習をもりこんだフィールドワークができます。瀬戸内海での漁業体験や商店街のまち歩き等を組み合わせることも可能です。
  • 企業、行政、住民のそれぞれの立場で公害に立ち向かった人々の努力を学ぶことができます。公害患者さんから直接お話を聞くことができます。
  • 病院と連携し、医療従事者や医学生向けの研修をおこなっています。
TOP >  各地の公害資料館 >  四日市公害と環境未来館

四日市公害と環境未来館大気汚染

四日市公害と環境未来館

四日市大気汚染公害と施設の概要

四日市公害と環境未来館1

昭和30年頃当時の日本は戦後復興から高度経済成長期に入りました。経済優先の社会背景のもと、本市を含む全国各地で大規模な工場が次々と建設され、工場周辺では様々な公害が発生しました。

本市でも、市内沿岸部に石油化学コンビナートが操業を開始し、工業都市として発展していく中で、大気汚染によって工場周辺の多くの方がぜん息に罹患するなど健康被害が拡大し、「四日市公害」と呼ばれる深刻な公害問題が発生しました。

こうした状況を受けて、全国に先駆けて昭和40年に本市が実施した公害健康被害者に対する医療費救済制度、そして昭和42年に提起された四日市公害裁判などは、日本の公害問題の解決への道を開き、産業の発展と環境保全を両立させるきっかけとなりました。

当館は、それらの歴史と教訓を次世代に伝えるとともに、環境改善の取り組みや産業の発展と環境保全を両立したまちづくり、さらにはその経験から得た知識や環境技術を広く国内外に発信することを目的に開館しています。

この資料館だからこそ学べる特徴

当館では、四日市公害の発生に至る経緯や被害、環境改善に向けたさまざまな取り組みについて、子どもから大人までを対象に、映像や写真、絵本などを用いてわかりやすく展示しております。また併設している四日市市立博物館の常設展示やプラネタリウムと一緒に見ていただくことで、私たちの生活と環境との結びつきを理解したり、地球規模で環境を考えたりすることができる施設となっております。

TOP >  各地の公害資料館 >  尼崎南部再生研究室(あまけん)

尼崎南部再生研究室(あまけん)大気汚染

尼崎南部再生研究室(あまけん)

尼崎大気汚染公害の概要

HPを参照ください。
www.amaken.jp/

あまけん1

この団体だからこそ学べる特徴

私たちは、高度成長期に大気汚染公害が発生した尼崎南部地域をフィールドに活動しています。主な取り組みは情報誌「南部再生」の発行、工業地帯をめぐる 「運河クルージング」の開催、そして地域の伝統野菜だった「尼いも」の栽培です。

もともと一面のいも畑だった場所が工業化し、公害を引き起こした結果衰退 したという一連の出来事とその背景を市民のみなさんにも感じとっていただけるように心がけています。見学施設がなく、活動内容も季節によって変わるためな かなか全容をお伝えすることが難しいのですが、イベント等の情報はホームページで発信しておりますので、よろしければぜひ尼崎へお越しください。

TOP >  各地の公害資料館 >  あおぞら財団付属西淀川・公害と環境資料館(エコミューズ)

あおぞら財団付属西淀川・公害と環境資料館(エコミューズ)大気汚染

あおぞら財団付属西淀川・公害と環境資料館(エコミューズ)

西淀川大気汚染公害と施設の概要

大阪の中心部に近い西淀川区は、農業、漁業の町でしたが、産業革命以降、阪神工業地域の一地域として工場が建設されます。大阪と神戸をつなぐ場所に位置するため、大きな道路も数多く建設されました。特に大気汚染はひどく、地形的に大阪湾の一番奥に位置しているために尼崎と此花・堺の大工場の煙が西淀川に集まります。また、道路を通過する大型ディーゼル車の排気ガスも多く、工場の煙が混じりあう複合大気汚染となりました。四日市・川崎と共に、公害特別措置法で最初に公害指定地域に認定された地域でもあり、大阪の大気汚染の象徴的な地域です。これまでで西淀川区だけで累計7000人を超える人が公害病に認定されています。

西淀川区の大気汚染は、隣の尼崎市や此花区からの「もらい公害」であり、コンビナートではない工場群の共同責任を問うのは困難であり、裁判で住民が勝つのは難しいといわれていました。しかし、公害改善と患者の窮地を救うために西淀川の公害患者は裁判を望み、弁護士に働きかけて「勝てるはずがない」裁判に踏み切りました(1978年)。726名という大人数で提訴し、100万人署名を集め、世論を味方につけました。また、「公害被害者による西淀川再生プラン」を描き、地域再生を提案した裁判となりました。その結果、20年間かかった裁判では公害患者が国と企業に勝訴をし、公害地域再生を行うあおぞら財団を立ち上げ、現在も活動を続けています。

この資料館だからこそ学べる特徴

・所蔵資料の豊富さ(裁判資料、反対運動)と、研究への支援やコーディネート、相談ができます。

・展示室は小さいですが、フィールドは広いです。西淀川の地域の資源を活用して、現在の街から過去の公害について広く学べます。半日の研修から4日間のスタディツアーまで多彩な研修プログラムがあります。

・西淀川公害患者と家族の会との連携から、患者さんとの交流をコーディネートすることができます。