All posts by kogai_network

TOP >  各地の公害資料館 >  NPO法人 足尾鉱毒事件田中正造記念館

NPO法人 足尾鉱毒事件田中正造記念館鉱毒

NPO法人 足尾鉱毒事件田中正造記念館

公害の概要

足尾銅山は栃木県西部、渡良瀬川の最上流部に位置する日光市足尾町にあります。この足尾銅山による「足尾鉱毒事件」は、明治中期以降に発生した日本最初の公害です。採掘技術の近代化および大規模化を図り、やがて日本の産銅量の40%を算出する日本一の大銅山となりました。しかし足尾銅山の銅採掘は、足尾鉱毒事件と呼ばれる大きな公害問題を引き起こしてしまいました。
それは昔の渡良瀬川は水がきれいで、地域によっては薬水と呼ばれるほど清流でした。そこには豊富な魚類が生息すると同時に、農作物の収量が多く流域は豊かな自然の恩恵を受けていました。このような自然環境に恵まれていた渡良瀬川流域住民を苦しめる鉱毒事件となったのです。
第一は、銅精錬、その他工場稼働に必要な燃料として足尾の山の乱伐が行れると共に、製錬所から毎日排出される煙に含まれている亜硫酸ガスにより林野の枯死ではげ山となってしまいました。この結果、渡良瀬川の水源地である足尾の山々は保水能力が失われ下流域の大洪水の原因となると同時に洪水のたびに鉱毒被害が拡大しました。
第二は黄銅鉱を採掘した坑道から湧き出る硫酸銅等を含む有毒な地下水が渡良瀬川に放出されたことです。また選鉱、精錬過程で生じる大量の廃石等が渡良瀬川に投棄されたことにより、渡良瀬川の水や土には、硫酸、鉛、亜鉛、砒素、銅、カドミウム等が含有され、鉱毒となり、そこに生息していた魚類が絶滅し農耕地を荒廃させてしまいました。これに抗議する農民らが損害賠償や足尾銅山の鉱業停止を要求する大衆運動を起こした足尾鉱毒事件となったのです。

この資料館だからこそ学べる特徴

当館の最も大きな目的であり使命は、鉱毒事件の概要や田中正造・鉱毒被害民の闘いの歴史等を伝え理解していただき、広く普及させていくことです。足尾鉱毒事件の被害民を救済するために奔走した政治家、田中正造に関する資料や写真、パネル等が展示されており、係員がわかりやすく説明します。係員は全員がボランティアで小中学生にもわかるような解説で誰もが学べる「学び舎」を目指しています。

TOP >  各地の公害資料館 >  熊本学園大学 水俣学現地研究センター

熊本学園大学 水俣学現地研究センター水俣病

熊本学園大学 水俣学現地研究センター

水俣病の概要

水俣病はチッソ水俣工場排水に含まれていた有機水銀による公害である。工場排水が環境汚染するだけでなく、食物連鎖によって魚介類によって濃縮され、それを食べた猫や人に被害が発生した。世界でも類のない環境経由による公害である。1956年5月に人への被害が公式確認された。水銀汚染は不知火海全域に拡散、行商等を通じ山間部でも、汚染魚を食べた人たちに、広範囲に水俣病被害が発生した。被害者は約20万人及ぶ。
 1973年一次訴訟判決で、原因企業チッソの補償責任が確定した。その後、2004年関西訴訟最高裁判決で熊本県、国の責任が認められたが、水俣病被害に関する補償、救済が十分に行われたとは言い難い。水俣病患者の認定制度で、補償された患者は約3000人。1995年の政治和解、2007年の水俣病救済に関する特措法による救済制度によって、約7万人が救済されたが、現在も被害を訴えて訴訟や認定請求を進めている被害者が多数存在する。今なお、被害が継続している公害事件である。

この資料館だからこそ学べる特徴

1960年代末に、「恥宣言」をし、水俣病患者の支援活動に取組んだ新日本窒素労働組合(水俣病原因企業チッソ(株)の企業内労働組合)の活動記録資料を労働組合の解散時に、寄贈を受け、整理、データベース化作業を進めている。資料目録は当センターホームページで公開している。また、資料画像や写真画像など順次ホームページに公開している。

TOP >  各地の公害資料館 >  宮崎大学 土呂久歴史民俗資料室

宮崎大学 土呂久歴史民俗資料室ヒ素中毒

宮崎大学 土呂久歴史民俗資料室

土呂久と公害の概要

宮崎県高千穂町土呂久は、祖母・傾連山の標高400~800mの谷間の集落です。2021年2月現在の住民は65人で、40代以下は5人だけ、深刻な過疎・高齢化に苦悩しています。かつて鉱山が操業し、800人が住んでいた頃のにぎわいを思い描くのは困難です。
現在の自然豊かな美しい風景から、鉱山で猛毒の亜ヒ酸が製造されて、大気と水と土壌が汚染され、多数の労働者と住民が慢性ヒ素中毒症に苦しんだ過去を想像するのは容易ではありません。

(閉山から10年後、土呂久の人たちは有害な鉱物をふくむ廃石の山のそばで暮らしていました=1972年撮影)

土呂久で亜ヒ酸製造が始まったのは1920年。アメリカの綿花畑に散布する殺虫剤の原料として需要が増えたことが背景でした。33年から軍用機メーカー中島飛行機の系列鉱山がスズを主産物、亜ヒ酸を副産物として製造しました。戦争の時代に、亜ヒ酸は瀬戸内海の大久野島に運ばれて、陸軍の秘密工場で毒ガスの原料として使われました。
土呂久の住民は自治組織「和合会」に結集し、亜ヒ酸の製造をやめるよう抗議と陳情を繰り返し、41年には中止に追い込み、戦後に亜ヒ酸製造が再開される時は、村人が一致して反対しました。煙害問題を討議した記録は、和合会の議事録に残されています。
地元の小学校教師が埋もれていた公害を調査、教育研究集会で報告し、社会問題として浮上しました。環境省は73年に慢性ヒ素中毒症を4番目の公害病に指定、2021年2月までに210人の患者が認定されています。最終鉱業権者の住友金属鉱山を相手に健康被害の償いを求めた土呂久訴訟は、1990年に最高裁で和解しました。

(亜ヒ焼き窯から100メートルのところに、一家7人が死滅した喜右衛門屋敷がありました)

この資料館だからこそ学べる特徴

土呂久の地質、自然、暮らし、山岳宗教、山間地農業の歴史、銀山時代の繁栄、亜ヒ酸製造がもたらした公害、健康被害と補償、環境破壊と復元、アジアで展開する国際協力、現在直面している過疎……。資料を手に取り、次のことを学ぶことができます。

1.自然と人間の共生の歴史
2.集落を運営する共同体の役割と機能
3.産業活動による環境破壊と健康被害 / 環境復元と被害補償
4.公害患者救済の経験を活かした国際協力
5.環境を保全しながら進める持続的な地域の発展、など

TOP >  各地の公害資料館 >  熊本学園大学 水俣学研究センター

熊本学園大学 水俣学研究センター水俣病

熊本学園大学 水俣学研究センター

水俣病の概要

水俣病はチッソ水俣工場排水に含まれていた有機水銀による公害である。工場排水が環境汚染するだけでなく、食物連鎖によって魚介類によって濃縮され、それを食べた猫や人に被害が発生した。世界でも類のない環境経由による公害である。1956年5月に人への被害が公式確認された。水銀汚染は不知火海全域に拡散、行商等を通じ山間部でも、汚染魚を食べた人たちに、広範囲に水俣病被害が発生した。被害者は約20万人及ぶ。
 1973年一次訴訟判決で、原因企業チッソの補償責任が確定した。その後、2004年関西訴訟最高裁判決で熊本県、国の責任が認められたが、水俣病被害に関する補償、救済が十分に行われたとは言い難い。水俣病患者の認定制度で、補償された患者は約3000人。1995年の政治和解、2007年の水俣病救済に関する特措法による救済制度によって、約7万人が救済されたが、現在も被害を訴えて訴訟や認定請求を進めている被害者が多数存在する。今なお、被害が継続している公害事件である。

この資料館だからこそ学べる特徴

1960年代末に、「恥宣言」をし、水俣病患者の支援活動に取組んだ新日本窒素労働組合(水俣病原因企業チッソ(株)の企業内労働組合)の活動記録資料を労働組合の解散時に、寄贈を受け、整理、データベース化作業を進めている。資料目録は当センターホームページで公開している。また、資料画像や写真画像など順次ホームページに公開している。

TOP >  各地の公害資料館 >  熊本大学文書館

熊本大学文書館水俣病

熊本大学文書館

熊本大学文書館

施設の概要

本館では「水俣病」に関する資料を公開しています。「水俣病」は1968年政府(厚生省)により、メチル水銀化合物による中毒性の中枢神経系疾患であり、チッソ株式会社水俣工場の廃水に起因する公害病である、と認定されました。メチル水銀を含む工場廃水は1932〜68年という長期間流され続け、「魚(いお)湧く海」と呼ばれる豊かな漁場であった水俣湾と不知火海(八代海)を汚染しました。海の魚介類にメチル水銀が濃縮蓄積し、これらの魚介類を食した地域住民にメチル水銀中毒の症状が現れ始めます。そして、チッソ附属病院長・細川一が水俣保健所へ患者発生の報告を行った5月1日(1956年)が「水俣病」公式確認日とされ、1992年以降毎年同日に水俣病犠牲者慰霊式が開催されています。
「『水俣病』は終わっていない」という言葉がよく聞かれます。いま現在も、メチル水銀中毒の症状や社会経済的影響に苦しみながら生活されている方々がいらっしゃいます。広域に渡る被害の全容が明らかにされない中、認定義務付けや国・県・原因企業に賠償を求める訴訟が複数係争中であり、地域名を冠した「水俣病」という呼び名をめぐっても意見が交わされ続けています。アーカイブズ領域では、映像や音声を含む多様な資料の保存と未来へ向けた利活用に多くの課題が残されています。山積みの課題を解決しようと、多くの関係者が連携しながら各取り組みに尽力し続けています。

この資料館だからこそ学べる特徴

本館ウェブサイトで目録公開中の所蔵資料の閲覧・撮影複写・貸出し、および所蔵資料に関するレファレンスと展示を行っています。チッソ水俣工場の廃水を原因とするメチル水銀中毒事件の概観を知ることはもちろん、詳細な事件史研究に資する資料を提供しています(公害の被害者/患者・行政・市民団体・支援者等の活動の記録等)。公開資料はどなたもご利用できますが、所定の手続きがございますのでまずはお気軽にご連絡ください。
※本館では水俣病関係資料の他に、熊本大学史、熊本地域、免田事件、ハンセン病に関する資料を取り扱っています。